シストレの短期目線のものにはどんなものがあるの?

相場で稼ぐ方法は2つあります。
大きい枚数で小さな動きを取るか、小さい枚数で大きな動きを取るかがあります。
短期というのは、この大きい枚数で小さな動きを取る方法になります。
短期の中でも1日を通してトレードをするデイトレードと呼ばれるものと1時間や数分で決済するスキャルピングというものがあります。
シストレで短期をやる場合は注意が必要です。
レンジ相場の場合行ったり来たりが多いので短期用のストラテジー(少ないpips数で利確・損切り)を繰り返すと損切り貧乏になってしまいがちだからです。
しかし、レンジブレイクアウト系(トレンドの発生を知らせてくれる)のインジケータを参考にすると大きく連続して勝てることができると思います。