転職活動にかかる時間とは?

【保育士への転職では仕事の内容をよく理解しておく必要がある】保育士は女性にとってはやりがいのあるなかなか魅力的な仕事です。
子ども好きの女性ならなおさらではないでしょうか。
でも何ごともそうですが現実は期待や想像とはかけ離れていることが多いもので、保育士の仕事も甘いものではなく、どちらかと言えば厳しいものです。
それは職務範囲が非常に多岐にわたっていることにも原因があります。
では保育士の職務範囲を見てみましょう。
<保育士の仕事の内容>①子どもに基本的な生活習慣をつけさせる。
②子どもの身の回りの世話。
③集団生活を通して子どもに社会性を養わせる。
④様々な遊びを通して心身の健やかな成長をはかる。
⑤保護者に保育内容を報告すると共に、子育てアドバイスを提供する。
⑥地域との連携に勤める。
⑦教材の研究・検討や園便りなどを作成して地域に配布する。