住宅ローンを利用する際の諸費用はいくら?

人生の中で大抵の方が一番高い買い物になるのは「住宅」でしょう。
マイホームをを取得する際に、必要な経費がどのくらいあるのかどうか調べておき、資金を調達したりローンが組めるか考慮するのは賢明なことです。
住宅の取得時に必要となる、物件自体の購入費以外にかかる諸費用の目安は1割程度です。
あくまで目安であり、契約内容などによっても異なります。
その中でも住宅ローンを利用する際に必要となる諸経費について考えてみましょう。
まずは金融機関と契約する際に「印紙代」が必要です。
住宅の場合には多くの場合借入金額が大きいですので、印紙代も高額です。
例えば、1000万から5000万円以下の場合2万円必要です。
金融機関によっては「融資事務手数料」が必要で、平均で3万円から5万円です。
また、フラット35などでは必要ありませんが、「住宅ローン保証料」も必要です。
この費用は数十万単位で高額です。
その他にも「抵当権設定登記費用」や、「団体信用生命保険料」任意で「火災・地震保険料」など様々な諸費用が必要です。
専業主婦の住宅ローン審査の収入の基準は?